クリエイターなるままに

『楽しいことをして生きていきたい人』の健忘録的なあれやこれや。

レターポットを勢いだけで始めてみた結果

キングコングの西野さんがやっているレターポットなるものを、ずっと「新しい通貨?今流行りの仮想通貨みたいなやつ?怖い!」 と思ってやっていなかったけど、とある記事でクレジットカードが無くても出来ると知って、 「文字がお金?なんぞや?」とわからないままに登録。 なんだったってやってみなくちゃわからない。 クレカ難民のあたしでも動ける!

とりあえずわかったことは仮想通貨でもなんでもなく、文字を買って相手へ感謝を送ることができる。「じゃあクレカ難民のあたしは送ることができないじゃないか!」とぷんすかしていたけれど、ここに優しさがあった。 レターを受け取った分他の人へ自分が使うことができる。文字を回すことができるのだ。雑な説明になるけどれど、クレジットカードが無くてもレターを送ることができるのはここにある。

しかしここで疑問。「レター…あたしに届く?有名人とかじゃないし…」と思いながら検索していると、ちょくちょく「レターポット使いたいので回してください」というツイートを見つけた。ツイートするのにお金なんていらない、助けを求めよう。ツイートした2時間後、見ず知らずの方から「使ってください」とレターが届いた。ここで返事してしまっては回すことができないのでお気持ちだけ受け取りつつ、送りたかった方へ送った。普段中々小っ恥ずかしくてお礼言えない友人へ送ったり。その返事に時に泣きそうになりながら感謝を受け取りまた別の方へ送った。

結論、もっと早くやればよかった!!!! 今はとりあえず送りたい人へ送ることしかできないけど、文字のやりとりでほっこりするのは昔文通してた小学生以来だ。

レターポットを使おうとしてる人、使ってる方へあたしが思うのは「見返りを求めないことがレターポットの1番良い使い方」だということ。 LINEのように「既読ついてるのに返事来ない!返事よこせ!」とは違う。ありがとうを送るのにそんなこと思ってたらレターポットに価値は生まれない。

レターポットが優しさで溢れる世界になりますように。

そういえば自分のこと書いてない

「そもそもこいつはなんなんだ?」

と思われそうだから先にあれやこれや言っておこう。

 

25歳。職業を聞かれると自分でもよくわからない。

ハンドメイドのネット販売をしていたりもするし、

配信サイトでラジオ雑談をだらだらとしていたりもするし(これはほとんど趣味)

在宅ワークでパソコンかたかたしてたりもするし・・・

とりあえず色々やってる人です。

 

中学2年生のときに鬱病睡眠障害を発症して以来、

良くなったり悪くなったりを繰り返して、

今は多分一番良くない時期、なのかな。長すぎてわからない!

普段の生活にも中々の支障があって、どこかに勤務して出勤して・・・ができなくて、

どうしたもんかと考えた結果、「病気のことで物理的に無理なことはあるけど、

逆手に取って『こんな状況でもできることを探そう』をしよう」に辿り着いて今。

例えば、在宅ワークが多く自由な時間が多いから、

体調さえ良ければイベントスタッフで動けるぞー!とか

(過去キンコン西野さんの絵本の原画展スタッフなどなど)

 

ただ、これだけは譲れない信念がある。

「興味のあること、自分の好きなことをやる」・・・これ。

時にはやりたくないこともしなければいけないのはもちろんだけれど。

この辺りの考え方については後日。

 

どれもこれも話し出すと長くなりそうだから、

ざっくりとこのぐらいで。

2度目のリセット

なんだかよくわからない記事を2件書いたまま、

このアカウントの存在すら忘れかけていて、

読み返すと2行で「これは消さなきゃ!」と思い抹消。

黒歴史だと感じることができただけ少しは成長しているんだなって、

普段ネガティ部に所属している自分が、

何故かポジティ部に入れそうなぐらいポジティブになりました。

多分すごい眠いからです。

 

なんだかんだ「よし!ブログやるぞ!」と意気込んでも、

続かないというか、言葉が浮かんでは消えてゆく。

きっとそれは、今の自分の状態を明かすことに引け目を感じ、

中途半端でい続けた結果なのだと思っている。

今回は、自分の活動面の成長記録だったり、

時には評論めいたことも書いていけたらと思ってます。